「一生使える」新しい形の手帳!ジブン手帳で暮らしをもっと良くしよう

こんにちは。yoshieです。

クリスマスも終わってもうすっかり年末ですね。

皆さんは来年の手帳はもう買いましたか?

わたしは先日フラッと立ち寄った文房具屋さんである手帳に一目惚れして購入しました!✨

今回はわたしが買った「ジブン手帳 2018」についてレビューしていきたいと思います。

それではごゆっくりどうぞ〜╰(*´︶`*)╯

ジブン手帳ってなに?

ジブン手帳はコクヨから出ている手帳シリーズのことで、なんと公式サイトまであります。

TVチャンピオン第二回文具通選手権の準優勝者でもあり、大手広告代理店のクリエーター佐久間英彰氏が、長年にわたって独自に開発したオリジナル手帳。

 

「一年で終わり」ではなく「一生つかえる」手帳をコンセプトに、手帳に書かれるすべての情報を整理・整頓し直し、それぞれに適した置き場所を再設計。

 

今までにない発想のライフログ手帳が実現しました。書きやすい。見やすい。だから探しやすい。

 

ジブンのことを書くことで、ジブンをもっと発見できる。そんな楽しいジブン手帳。

 

さぁ、ジブンのすべてを書き込んでみませんか?

 

 

引用:コクヨ ジブン手帳公式サイト「ジブン手帳とは」

公式サイトのジブン手帳の説明ですが、つまり「一生使える」ライフログ手帳ってことですね。

「一生使える」とはどういうことかといいますと、

このように手帳がDIARY、LIFE、 IDEAの3冊に分かれていて、スケジュール(DIARY)だけ毎年変えれば「ずっと使える」という今までになかったタイプの手帳なんです。

3冊合わせたところはこんな感じです。

透明カバーの内側にピンクの厚紙が入っています。このピンクに一目惚れしてしまいました😍

裏はこんな感じで、下敷きにバンドがついていて挟み込むことでカバーが開かないようになっています。

今年から製本の仕方が変わったそうで、180度バタンと開いてとても書きやすいです。

紙は裏うつりが少ない手帳用のトモエリバーという超軽量印刷用紙を使っています。トモエリバーはほぼ日手帳に使われているので知っている方も多いのではないでしょうか。

スケジュール部分はどんな使い方ができるの?

手帳といえば肝心なスケジュール部分はどうなっているのかというと、

マンスリーはこんな感じです。

月曜日始まりで、左のスペースにToDoリストが書き込めます。

祝日、六曜のほかにその日の気分を書き込めるところと月の満ち欠けなども載っています。

そしてうれしいのが前後の月のカレンダーが小さく出ていること!

方眼紙タイプなのできっちり書きたい人にもぴったりです。

ウィークリーはこんな感じで、24時間のバーチカルタイプになっています。

マンスリーと同じく左側にはToDoリストがあり、他には月の満ち欠け、その日の気分、天気、その日食べたもを書くスペースまで!すごい情報量です。

でもどうやって使っていいかわからない…という人のためになんと見本ページまであります。

ライフログ手帳というだけあって、予定だけではなく日記のようにその日あったことを時間軸にそって書いたり、一言日記を書いたり、メニューを書いて健康管理に役立てたりと暮らしのすべてを記録することができます。

 

さっそくわたしも書いてみました。まずはマンスリーから。

左のToDoリストに1月の目標「20記事以上更新」を掲げてみました。

今月が17記事で終わりそうなので来月はもっと頑張りたいので目につくところに書いてやる気アップです。

 

そして大事な「オフ会」の予定も書きました。

そうなんです。以前書いたシンプルライフブロガーさんのオフ会を1月13日(土)に新宿駅近辺で開催することが決まりました。

まだメンバー募集してるので詳しくはこちらの記事をごらんください!(宣伝)

(*追記 募集終了しました!ありがとうございました!)

シンプルライフブロガーのオフ会を開催しようと思ってます【募集終了】

この写真を撮った後にかかりつけの病院に行く予定やその他の予定も書き込んでマンスリーはひとまず完成!

 

次にウィークリーです。

主婦なので予定を書いてないところは家事をしているのでそこらへんは省いています。

仕事関係を青、プライベートを赤、体調悪化などのアクシデントを緑で書きました。

ブログのシステムのどこを変更したかなども書いておけば何かあった時に役立ちそうなので書き加えておきました。

別のページにはシールも貼ってかわいくしています。

ほぼ日手帳も3年ほどリピートしたことがありますが、1日1ページってなかなか書けないのでわたしにはジブン手帳のほうが使いやすいです。

 

そして、初めて見たのが「ガントチャート」という2ヶ月が一気に見渡せるページ!

プロジェクトの進行具合などを書くとわかりやすいそうですが、わたしはブログの更新した日に◯をつけてみました。

こうして見ると、12月の更新のバラバラ具合が可視化されて「もっと頑張らねば…!」となるのがいいですね!

1月からは空いているスペースに体重のグラフも書いていこうと思っています。

自由な使い方ができるのがうれしいです。

DIARYのほかのページはどうなっているの?

DIARYのほかのページはこんな内容になっています。

  • 4年分カレンダー
  • 年間スケジュール
  • 年齢早見表
  • お金の計画
  • 一週間の計画
  • 日本地図
  • お気にいりの言葉
  • おすすめリスト
  • 本リスト
  • 映画リスト
  • もらったものリスト
  • プレゼントしたものリスト
  • 約束したことリスト
  • フリーリスト
  • 今年の振り返り
  • 鉄道路線図(東京 / 大阪・京都・名古屋 / 仙台・神戸・福岡・札幌・横浜)
  • 時差世界地図
  • 個人データ

この手帳に慣れたら他の手帳に満足出来なさそうな充実ぶりです。

でも全然分厚くなくてスッキリ持てるのがうれしいポイントです。

LIFEはどんなことが書けるの?

ジブン手帳のメイン部分とも言えるLIFEにはこんなことが書けます。

  • 人生の夢
  • 人生でやりたい100のリスト
  • 座右の銘
  • 人生設計
  • 通年記念日
  • 日本&世界旅行地図
  • ジブン年表
  • 家系図
  • 緊急連絡簿
  • パスワードヒントリスト
  • 資産欄
  • 病歴
  • お気に入りの写真

この1冊さえあれば暮らしがもっと楽しくなるようなものばかりです!!

特にジブン年表は「自分のニュース」と「家族のニュース」「世界のニュース」を月ごとに書けるので、これから充実させていくのが楽しみです。

ただ、あまりに個人的なことが書いてあるのでこれを持ち歩くのは危ない気がするので、これは家に置いておこうと思います。

IDEAはどんな風になっているの?

IDEAはこのように方眼紙になっています。

「なんだ、ただのノートじゃん」と思ったら違ったんです!

なんと「CamiApp」という専用のアプリを入れて、見開きページをスマホで撮影するだけでアプリが自動で画像を補正してくれてきれいにデータ化してくれるんです!!

すごい、手帳とスマホが連動する時代なんだ…と感動しました。

データにしておけば長期保存できるので「思い出帳」として使うのもいいかもしれません。

ジブン手帳にはどんな文具がおすすめ?

わたしが使っている文具です。

左から、セリアのふぁにまるシール、フリクションボールスリム0.38、スタイルフィット4色(黒・赤・青・緑の別売りリフィルをホルダーにセットしています)です。

ボールペンは0.38以下の極細タイプがおすすめです。

フリクションは間違えても消せるのでGOOD!!

ジブン手帳専用の文具もあるので、今度文房具屋さんで見てみたいと思います。

ジブン手帳で暮らしをもっと良いものに

ブロガーとしても1人の主婦としても来年はもっと楽しく良い1年にしたいので、ジブン手帳を活躍させて毎日を充実させていきたいです。

Instagramにもジブン手帳ユーザーの投稿がたくさんあるので、参考にしたいと思います。

ではでは今日はこのへんで〜!(о´∀`о)