10分あれば出来る!ふきんの煮洗いで毎日を清潔に

こんにちは。yoshieです。

わたしは毎晩寝る前にキッチンをリセットするのですが、その時に1日使ったふきんを煮洗いしています。

今回は煮洗いをしたことがない人でもわかりやすいように写真をまじえてふきんの煮洗いの仕方を紹介したいと思います。

それではごゆっくりどうぞ〜(о´∀`о)

準備するもの

・煮洗い用の鍋(わたしは野田琺瑯のたらいを使っています)

・酸素系漂白剤

・トング

・煮洗いするふきん

煮洗いは軽い汚れなら重曹でも大丈夫なのですが、わたしは酸素系漂白剤を使っています。

煮洗いは粉せっけんがベストだと聞いたことがあるのですが、他に粉せっけんを使う用途が今のところないのでしばらくは酸素系漂白剤でいこうと思っています。

煮洗いに使う鍋はホーローかステンレスのモノが良いです。アルミ製は避けてください。

食事に使う鍋と兼用だと衛生面で良くないので、煮洗い専用のものを用意したほうがいいです。

煮洗いの仕方

鍋に水を入れる

煮洗い用の鍋に水を入れます。あまり多すぎても沸かすのに時間がかかるのでふきんが泳ぐ程度で大丈夫です。

ふきんと酸素系漂白剤を入れる

ふきんを鍋に入れ、酸素系漂白剤を大さじ1〜2ほど入れてよく溶かします。

中火にかける

中火にかけてしばらく待ちます。

泡が立ってきたらトングで泡をからめる

しばらく経つと泡が出てきます。

出てきた泡にからめるようにトングでふきんをゆらゆらと揺らします。

この作業が終わったら火を止めて冷まします。

トングでふきんを取り出して水ですすぐ

ふきんをトングで鍋から取り出したら水でよくすすぎます。

この時ふきんの中に熱いお湯が含まれているので気をつけてください!

よく絞って乾燥させる

ふきんをよく絞り、乾燥させます。

わたしは部屋干し派なので家の中で乾燥させてますが、日光に当てたほうが殺菌効果が高まるそうです。

煮洗い後のお湯は排水口の掃除を兼ねてそのまま流しています。

煮洗い後のふきん

煮洗い後に乾燥させたふきんがこちら。

3枚をぐるぐると交代させながら使って1年半ほど経ちますが、煮洗いしているおかげかまだ真っ白なままです。

やっぱりキッチンで使うものはいつも清潔にしていたいので、この作業がすっかり習慣になりました。

キッチンリセットの仕上げにふきんの煮洗いをするとすっきりできるのでおすすめです。

 

ではでは今日はこのへんで(*´∀`*)