文章力UPブログ「おだやかライティング」はこちら
インテリア

おしゃれな部屋をあきらめない!狭くても賃貸でも出来るお手軽インテリア術

こんにちは。yoshieです。

「素敵な広いおうちに住みたい!!」って誰でも一度は憧れますよね。

我が家は間取りは2DKありますが38㎡と狭いです。しかも結構古めの賃貸マンションです。

でもインテリアに細々とした工夫をしているからか、狭さや古さは特に感じたことがありません。

今回はわたしが実践している家が狭くても古くても賃貸でも出来るお手軽なインテリア術をご紹介したいと思います。

それではごゆっくりどうぞ〜(о´∀`о)

ダイニングテーブルには何も置かない

狭い家ではダイニングテーブルはかなりの存在感を放ちます。

そこに使ってそのままのペンや雑貨、読んでないダイレクトメールなどをテーブルの端っこに置いてしまっては生活感があふれてしまいます。

そこで我が家ではダイニングテーブルの上には何も置かないことを徹底しています。

ダイニングテーブルで使ったものはすぐ片付ける、モノを放置しないことを心がけて、いつもテーブルの上をピカピカに磨いておくだけでグッと印象が変わってくるのでぜひ試してみてください😀

キッチンは小物をモノトーンで統一する

キッチン周りは割と色がごちゃごちゃとしてしまいがちな場所です。

カラフルな洗剤やスポンジ、調理道具などがあるとどうしても「おしゃれな部屋」から遠ざかってしまいます。

なので、わたしはキッチン周りはモノトーンで統一するようにしています。

 

写真に写っている例だと

ハンドソープは市販の詰め替え用を無印良品の白い泡ポンプボトルに詰め替え

食器用洗剤をチャーミーマジカのボトルのラベルをはがしたものに詰め替え

食器洗い用スポンジをサンサンスポンジの黒にする

この3つを全部やっても1000円以内で出来てしまいます。

高いインテリア用品を買わなくてもできるプチプラインテリア術なので試してみてください😃

北欧の布をアクセントに使う

こちらはダイニングの棚なのですが、北欧のディッシュクロスを目隠しがわりに使っています。

このクロスがあるのとないのでは大違いです!!

ちなみにクロスがないバージョンはこんな感じなのですが、綺麗にしていてもどうしても生活感が出てくるのでインテリアにこだわりたい場合は目隠ししてしまうのが手っ取り早いです。

わたしは北欧インテリアが好きなのですが、シンプルながらもしっかりと主張してくれる北欧の布は特に好きです。

わたしの部屋でもArtekの布を楽天で購入して目隠しに使っています。

たかが布、されど布。このアクセント効果は実際に使ってみると想像以上なのでぜひ試してみてください😊

洗濯かごは白いものを使って空間に馴染ませる

洗濯かごってどうしても存在感があって「なんか邪魔だな…」と思っていました。

でも洗濯機に洗濯物をためるのは衛生的に良くないと聞いたことがあるのでやっぱり必要。

そこでフレディ・レックのランドリーバスケットに変えてみたところ大正解でした。

びっくりするほど空間に馴染んで存在感が出ないんです!

しかも大容量なのでたっぷり洗濯物が入れられます。

洗濯かご問題に悩んでる方全員におすすめしたい商品です。

出来るだけ壁を見せる

わたしの部屋の一角ですが、壁にはカレンダーやポスターなどは貼らずに壁を見せるようにしています。

素敵なポスターをフレームに入れて飾りたいとも思いますが、部屋の壁に何もない状態だとかなり部屋がすっきりと広く見えます。

あとは壁の近くに置く家電やゴミ箱などの雑貨も壁と同じ色(我が家は白)にすると統一感が出るのでおすすめです🙆

我が家で実践しているインテリア術のまとめ

  • ダイニングテーブルをはじめ、部屋には極力モノを置かない
  • 収納には北欧のクロスをかけると目隠し効果&アクセント効果大!!
  • キッチンはモノトーンにこだわって雑然と見せない
  • どうしても置いておかないといけない洗濯かごなどの雑貨は白を選んで存在感を消す
  • 壁にはカレンダーなどは貼らずにあえて見せることで広く見せる
  • 家電やゴミ箱などの雑貨は壁と同じ色を選ぶと統一感がアップ

 

以上がわたしが実践しているお手軽インテリア術でした!

お金をたくさんかけなくてもちょこっと変えるだけでだいぶ部屋がすっきりと広く、そしておしゃれに見えるので皆さん試してみてください👍

ではでは今日はこのへんで!(*´∀`*)

 

ABOUT ME
yoshie
「毎日をシンプルに・おだやかに過ごす」をモットーに日々生活しています。 インスタグラムもゆるゆる更新中。 内田彩仍さんの大ファン。 整理収納アドバイザー1級。